サッカーにおけるリフティングの必要性


3月
26
3月
26
サッカーにおいて、リフティングは必要か否か。
この議論そのものが愚の骨頂であり、日本のサッカー教育のよろしくない部分であることをご説明しましょう。そして、リフティングはサッカーに必要なのではなく、リフティングがサッカーである事を証明して差し上げましょう。

昔と比べると認められては来たものの

僕の時代はまだ、リフティングに対して「こんなの出来ても試合では意味がない」の意見は根強く。
若い指導者の中で、一部で必要最低限のボールタッチとして認める声がで始めた程度でした。

現在ではリフティングをトレーニングの一環として認める声も多く見られます。
それでも、兵隊の行進ように並び立ててチャレンジ性のないインステップ、インサイド、アウトサイド、頭を使って「やらされている」感があるのが見て取れます。
もちろん、僕もドリ塾のコーチとしては自主的に出来ない子は必ずいるので仕方がないことは百も承知ですが、、、

不測の事態のコントロールはリフティングで磨かれる

ではなぜ不要論が飛び出すのか?
1つは、試合中にリフティングをする事が無い為。
もう1つが、サッカーには不測の事態が起こる事を忘れている為でしょう。

サッカーには、不測の事態がついて回ります。
いや、不測の事態こそがサッカーの醍醐味と言えるでしょう。
味方が蹴りだしたロングボールは必ず自分の足元に届くとは限らないのです。
自分に届く直前で、相手DFのつま先をかすめコースが変わったボールを足に収めるトレーニングはどうすればいいのか?

そう!リフティングです!
それも、走り回ったりあえてショートバウンドさせたり、フリースタイルフットボールのような自由なリフティングでのみ培われる技術です。
アラウンドザワールド(大車輪)は試合で使わない?
いいえ、アラウンドザワールドに必要な動きの何かが不測のボールに咄嗟に反応するための技術となるのです。

日本人は技術レベルが高い。
ボールを蹴る技術、止める技術、フェイントの技術には世界の名だたる名選手も実際に舌を巻いています。
ではなぜ日本からネイマールのようなタイプの選手が出ないのか。
それは、この不測の事態へ対応する技術が足りないからではないでしょうか?
遡ると、幼少期のリフティングやフリースタイルをしてサッカーで「遊ぶ」経験をしないまま選手として洗練されて行くがために大人となり完成した時に不具合に弱いのだと僕は思います。

過去のバロンドール受賞者と僕が生きた証拠

リオネル・メッシ
ロナウド、ジダン、メッシ、ロナウジーニョ、C・ロナウドとバロンドール受賞者は毎年一人選出されるわけですが彼等の中にリフティングが苦手という選手がいるでしょうか?
リフティングはおろか皆、軽めのフリースタイルならカメラに向かって披露できるほどの腕前をお持ちです。
これだけで、リフティング必要論など論じている時点でそれこそ論外なことはお分かり頂けると思います。

気持ちはわかります。
上にあげた選手などただのバケモノであって人間じゃない。人様である皆さんには比べられるだけで逆に失礼な話です。
では、僕ではどうでしょうか?
トレセンなど受かった経験はなく、どの世代でもサッカーで日の目を見たことはありません。
一般的なサッカー少年でした。

そして、ある時フリースタイルと出会いのめり込み気づけばプロになっていた。数年後、久しぶりにフットサルで対人プレーをすると驚く程に相手の重心を読み抜き去ることができるようになっていました。
かつてテレビで見ていたサッカー選手からもお世辞ながら「上手い」と言っていただき、サッカースクールを開けば生徒が集まってくれて、YOUTUBEには数万という人が凡才サッカー人である僕に解説を求めてくれるようになりました。
これだけで、リフティングが更にはフリースタイルがどれほどサッカー選手を成長させるかは簡単に想像できると思います。

シュート、ドリ、パスと同じくリフティングもサッカー

以上のことからリフティングはボールコントロールを培うのに必要なのではなく、リフティングはサッカーなのです

止める、蹴るの全てを兼ね揃えたリフティングがただのトレーニングの一環なわけがありません。
サッカーのようなファール(オフサイド含む)以外に動きに制限のないスポーツで不要なタッチ技術など存在しません。今やサッカーは背中でパスを出すような時代ですよ?
リフティングが苦手なサッカー少年は、苦手なことを個性としないでください。どんなタイプの選手を目指すにもリフティングが出来なくても良い事はありません。

このブログの読者になる
ブログや動画の更新情報が受け取れます。ソシオ会員になるとさらにお得な情報盛りだくさん
 サイト購読

関連記事

この記事をご覧のアナタにオススメの動画

コメントを残す